波乗りスピリッツ!


リップに昇って行く「中・上級サーファー」達を横目に、浅瀬を転げまわる白波サーファー(?)の日々の奮闘記。。。
by miyabi_naminori
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
sun glasses
from sun glasses
sounding ure..
from sounding urethra
golf player ..
from golf player st..
care bear co..
from care bear colo..
busty girl j..
from busty girl jap..
cannabis gro..
from cannabis growi..
christian an..
from christian anni..
cape cod rel..
from cape cod reloc..
the power ra..
from the power rang..
site links
from site links
お気に入りブログ
アザーブログ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2005年 08月 21日 ( 1 )


テンション↑

2005年8月20日 晴れ。夜に流星見たぞ。

朝6時前には目を覚ます。
このところ、暑くて熱くて何度も目が覚める。

風は弱オフショア。い~んじゃない。
少しずつウネリの向きが変ってるみたいだし、ムフフ。等と考えながら、
休みなのに珍しく朝から海へ向う。
(ぐぅたらなので、休みの朝はいつも寝てる。。。午前~午後にかけて。。。)

いつもんとこ付くと、海が結構青い。う~ん、い~んじゃない。
そして、セットで時折ちゃんと巻いてる波がチラリ。う~ん。い~んじゃな~い。
まぁ、全体的には、ショートよりファンよりの波が多いけど、
今日は久々にショートを持出す。だって、乗れなくなったら嫌だしね。
昨日久々に実家に戻り、ショートのアルミテープをはがして、クロスとレジンを載せてきた。
まだ、削ってないけど、水入んなけりゃ、まぁ良いかぁ。

ちょっと寒そう(?)に見えたのでサーフパンツは諦めて、久々にスプリングで入る。
スプリング→フルの時は肩が重く感じるけど、やっぱりラッシュ→
スプリングでも肩が重く感じるのね。やっぱりラッシュ&サーフパンツで入ればよかった
などと考えながら、沖へ向う。

崩れないウネリが自分を通り越していく時に、グワンと体が上下する感じは久々。
今日はヘタクソな俺でもショートで結構遊べそう↑
そして一本!ちょっと久々のショートに少しフラフラ。ファンのようなレールにハマった
感じはないよね。でもそこそこ走れたので、もう↑↑↑

人の全然いない山を選んで入ったが、何本か乗って暫くすると何人か集まってくる。
そうそう、隣の芝生は青いもんね。しょ~がないなぁ(笑)、シェアしましょう。
近づいてくる人のパドルを見ながら、あぁ、パドルって大事だなぁと再認識。
なんとなく実力が解る。人の実力を測れるほどのモノサシは持ってないけど、
多分彼らは自分と同じ位のレベル。ガンバレッ!などと思ってしまった。

ところがドッコイ、良いのが入っても、全然テイクオフせず。
パドルをスタートするので、これは譲ろうと思って、そのまま見ていると、何回やっても、
途中で止める。。。???何故。?
なのに、「人いるし、俺このヘボ波でも我慢するかぁ。」って乗ろうとすると、
その波に必死に食らい付こうとする。それがピークから離れた所でも。。。何故?

俺は波の取合いが好きではないので、乗ろうとしてる人が居る時は
できる限りパドルもスタートしないことにしている。
彼らは乗れそうであれば、どんな波で(どんな位置関係にいても)もパドルをスタートするが、
途中で止める。???一緒にパドルを開始するのはまぁ、一般的としても、
こちらが譲った後に、何故途中で止める?絶対良さそうな波なのに。
単にタイミングが図れていないのか?体力尽きてきているのか?

もしかして。。。。ここで一つ勝手な仮想を立てた。
「結構メジャーなポイントから来ているビジターで、それ故いつも取合いをしている。
今日のこのガラガラの山で、周りがパドルを開始しないことに対し、
それが波を譲られていると気づいていない???
周りが乗れない波と判断してパドルしないと勘違いして、ヤベッ、崩れない波に
乗ろうとしちゃった。ハズかし~。ヤメヤメッ。みたいに途中終了してるのか???」
。。。。。もったいない。(汗)

俺は今日絶好調(?)。久々の波UP&面ツルのツルツルなので少しでも波に乗りたい。
この2~3人しかいない一つの山で、変な社会関係に巻き込まれたくない。
なので、もひとつ隣のちょっとショボ目のブレークへパドルで移動開始。

。。。ゲェ~。何で~。何で付いてくるの?(汗)
2~3人しかいない、ブレーク一山みんなで捨てて、こっち来なくてもいーじゃんよ~。
さっきの山は人一人居ない。
なので、暫くして、さっきのチョット良い方へ少しずつ移動。
。。。。。振り返ると、再び恐れていたことが。。。
もう、なんの言葉もありません。(涙)


結局彼らは片方がセットのスープに一本乗っただけで上がって行きました。。。
同じ位のレベルと思ったんだけど。。。違ったのかなぁ。
俺も知らずに、同じようなことしてた(してる)のかなぁ。。。してないと思うんだけど。
それとも、久々の波に自意識過剰だったのかなぁ。

でも、まぁ、諸事情により乗れる波が限定されてしまったけど、
今日はかなり御機嫌でしたよ、俺少しだけど乗れるようになってきましたよ。
そろそろ、白波サーファーの肩書きは捨ても良いかな?まだ早いよね(笑)
今日はあまりの御機嫌度に、夜の飲みで知り合いに「もしかして俺、結構プロ並かもっ。」
なんて冗談混じりに話してしまいました。アップスンもろくにできねぇ癖に。(笑)
[PR]

by miyabi_naminori | 2005-08-21 18:29 | SURF & SEA